携帯電話違反

携帯電話違反

携帯電話違反

いま日本の交通違反で一番多いのが通称「携帯電話違反」と呼ばれるものです。

 

要するに運転中に携帯電話の画面を見たり、通話に気がとられて運転に支障が出るということから禁止されるようになったもので、違反が見つかると反則金7000円、違反点数1点から2点が課せられます。

 

携帯電話がらみの違反には実のところ携帯電話使用等(交通の危険)と携帯電話使用等(保持)という2種類のものがあります。

 

携帯電話使用等(交通の危険)に該当するのは、通話や携帯電話の操作が含まれており、極端な話、電話がかかってきてそれを保留するのにボタン一つ押しただけでこの違反が適用されます。

 

そしてもう一つの携帯電話使用等(保持)は携帯電話の操作は一切行っていなくてもそれを手に取っただけで違反となります。

 

最近はスマートフォンが主流で大きな画面を手に取ってみることが多くなっていますが、それがまさしく保持であって、注視になるのです。

 

点数的には、保持より交通の危険の方が点数が高いのでより重い違反であるということがわかります。

 

要するに自動車を運転しているときは、一切携帯電話を触るな見るなということなのです。

 

ちなみに信号待ち、渋滞時など車が停止しているときはこの違反は適用されないので、何か急な用事があるときは路肩に止めるか信号待ちの間で処理しましょう。

 

ただ、時速1km/hで動いていてもそれは停止中ではなくなるので検挙の対象となります。

 

よく信号待ちの時に電話操作しているドライバーを警察官がじっと見ているのはこのタイミングを待っているからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ