シートベルト未着用

シートベルト未着用

シートベルト未着用

ここ最近はだいぶ少なくなりましたが、それでもシートベルト未着用の違反は警察のいい稼ぎとなっているようです。

 

道路交通法では、シートベルトは運転者のみならず助手席、リヤシートなどに座っているすべての乗員が取り付けることが義務づけられており、乗っている人間すべてがシートベルトを正しい形で装着していなければ運転手が処罰されます。

 

座席ベルト装着義務違反、通称シートベルト違反は反則金はなし、その代わり違反点数が1点となるので、数多く違反すれば簡単に免停になってしまいます。

 

点数だけの処罰ですので、お金があろうとなかろうとかかる負担は同じです。

 

この違反で大事なポイントは乗っている人間全員がシートベルトを締めなければならないということです。

 

シートベルトの装着が義務付けられるようにんなった当初は前に座っている運転手と助手席に座っている人間だけに課せられていたのですが、法の改正によってすべての人間がシートベルトを締めなければならなくなったのです。

 

確かに安全のためにシートベルトを締めた方がいいのかもしれませんが、助手席はいいとしても、免許を持っておらず自動車の運転とは全く別の世界にいる人間が座ることが多いリヤシートでは、そもそもシートベルトを締めるという常識はなく、シートベルトを締めるように促しても、親戚のおばちゃんなどは「きついからこれ嫌いなの!」などといってなかなか締めてくれないなどということもあるのです。

 

もしそれが見つかったら運転手が痛い思いをするわけですから困ったものです。

 

ただ、身体の状態や妊娠などによって着用が免除されることもあるので、絶対、必ずということではありませんが、普段運転している限りでは免除に該当することはないと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ