スピード違反・速度超過違反

スピード違反・速度超過違反

スピード違反・速度超過違反

最近の車は非常に動力性能が上がり、加速もいいですしスピードの伸びもよくなりました。

 

ボケ~としてラフなアクセルワークをすれば簡単にスピード違反となってしまうので気を付けなければいけません。

 

制限速度を超過して走行することをスピード違反、速度超過違反といいます。

 

車種や場所によって反則金や違反点数、処罰が変わってくるのですが、普通車で見てみると15km/h未満で違反点数1点の反則金9000円、20km/h未満で点数1点の反則金12000円といった感じで超過した速度に合わせた処分となります。

 

30km/h以上になると違反点数6点ということで一発免停、50km/hとなると12点となるので免許取り消しのリーチとなるといった感じでほかの一般的な違反よりもかなり厳しい処分が下ることになります。

 

このスピード違反を避けるために一番いいのはスピードを出さないことですが、道路事情などを考えるとなかなかそういったことは難しく誰でも多少なりともスピード違反はしているものです。

 

10㎞/h程度の違反はどの警察官も誤差ということで見逃してくれるのですがそれ以上になると確実に検挙されるでしょう。

 

一番いいのは検挙されないように警戒態勢を緩めないこと、市販のレーダー探知機を購入してネズミ取りやオービス、取り締まりが行われやすいところを知ることや普段どの位置に警察官がいるのかななどをチェックするのがいいでしょう。

 

更に白バイの隠れているところとか幹線道路の流入口付近、流れの良い幹線道路など検挙されやすい場所も調べておくといいと思います。

 

それとこれは絶対忘れてはいけないことなのですが覆面パトカーの存在です。

 

覆面パトカーはその管轄が使っているパトカーと同じ自動車メーカーの車を使うことが多いので、パトカーがクラウンだったら覆面パトカーもクラウンやマークXというように常に後ろの車の車種に気を配りつつ、あと取り締まりは必ず二人体制でやるので助手席にだれか座っているのかどうかなどにも注意をしましょう。

 

ちなみにパトカーはどのパトカーでもスピード取り締まるを行うというものではなく、所轄系のパトカーは基本的にはスピード取り締まりを行いません。

 

取り締まりを行うのは交通機動隊などの交通取り締まり専門部門だけのパトカーですから、すべてのパトカーにびくびくする必要はないと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ