通行区分違反

通行区分違反

通行区分違反

なんとなくわかっているようでわかっていない違反に通行区分違反というものがあります。

 

この違反は違反点数に2点、反則金9000円と比較的思いたい処分が下るものですが、簡単に言ってしまえば間違った車線に入ってしまい、その車線の指示に従わないで走ってしまうというものです。

 

普段、通勤などで走り慣れた道路ではどの信号のどの交差点にどういう車線が設けられているか熟知しているはずです。

 

例えば、この交差点は右折・直進・左折がそれぞれ違うから前もって右の車線に入っておこうとか、次の信号は右折車が多く、右車線が右折レーンとなっているから左の車線に入っておこうとか、これはその道をしているからこそできることなのですが、渋滞して先の状況がわからない状態で初めて通る道路ではきっと誰もがまごつくことになると思うのです。

 

走りやすい右側車線を走っていたら、いつの間にかいきなり右折専用車線になっていたとか直進できると思って一番左を走っていたら左折専用車線だったなんて経験、ドライバーなら一度はしたことがあると思います。

 

そういった状況でも車線変更がゆる出せるだけの距離があればいいのですが、中にそういった距離がなく、道路にも車線変更禁止の黄色いラインが敷かれていたため、左折専用車線なのに「えい!行ってしまえ!」といった感じで無理やり進んてしまう方もいるのです。

 

これは間違いなく違反ですが、それよりも危険極まりない行動なのです。

 

だいたいそういう時というのはどこかしらに警察官がいることが多いのでしっかり切符を切られてしまうのです。

 

これを防ぐには道路を知る必要があるのですが、さすがにこの情報社会でカーナビなども進化しているといってもいちいち車線の並び方まで調べることもできませんし、覚えることもできません。

 

従ってここは間違った車線に入らないということではなく、そこから違反に発展させない方法で行きましょう。

 

方法は簡単です、間違った車線に入ってもここは諦めて、その車線の指示に従った方向に進めばいいのです。

 

日本の道路は必ずどこかでつながっているので多少時間とガソリンの無駄遣いをしてしまいますが、ちょっと迂回してと思って遠回りしましょう。つかまって点数と9000円とられるよりましです。

 

ベンツ買取|ベンツを最高額で売却する方法とは

 


ホーム RSS購読 サイトマップ